26歳独身OLのセフレ体験談

仕事が楽しすぎてしばらく彼氏を作ることすらなく数年。
とても充実しているが、時々ふと「人肌に触れてないなぁ…」と思うことがある。
大抵は忙しさに紛れてそのままになってしまうけど、さすがに秋や冬になると人恋しくなる。
でも、仕事が楽しいし正直終わる時間も見えないから、「彼氏」という付き合いはめんどくさい。
都合のいい時だけ会って、その場だけ楽しく欲望を満たしてくれればそれでいい。
手っ取り早く快楽を得られれば、心の結びつきは逆にめんどくさい。
そう考えて早速セフレ募集をしてみることにした。

仕事柄パソコンを使うことには慣れているので、インターネットでセフレとの出会いサイトを検索。
様々な出会い系サイトが出てきた。
女性はほとんどが無料で、しかも直接メールを教える必要もないらしい。
しかしサイトにも色々あって、完全に「セフレ募集」というところから、「メル友募集」や「恋人募集」、「結婚相手募集」などタイプは色々だった。
こんなところで恋人なんか見つかるのかな…と思いつつ、そういうやり取りは面倒なので「セフレ専用サイト」をいくつかピックアップして登録した。
セフレの作り方は恋人を作るより数段簡単で、後腐れがなさそうなのがとてもよかった。

参考にしたのは、セフレ募集【詳しいサイト比較と失敗しないセフレの作り方】というサイトで調べた方法。

条件に合う人を数名選び、年齢や住んでる地域などを聞き絞り込む。
セフレとは言え顔も重要なので、相手からの写メは必ず確認することにした。
その中のとあるセフレとの出会いが、私の生活に潤いをもたらした。
顔もわりと好みで、落ち着いた物腰の知的な印象の彼とはすぐに意気投合し、何度かやり取りをした後会うことになった。

はじめから目的を伝え合っていたので話が早く、お茶を飲んで顔合わせをした後に「じゃ、いきましょうか」と2人ですぐにホテルへ。
事前のメールで好みのプレイや体位、シチュエーションを話していたので、お互いの欲望を素直に満たしあった。
久しぶりに感じる人肌が気持ちよく、相手が好きな人でもなんでもない安心感から私は乱れた。
久しぶりに何度も達し、仕事の疲れもストレスも全て吹き飛ぶ最高の時間だった。

この人をセフレにして本当によかった。
相手も満足してくれたようで、また会うことを約束して別れた。
後腐れがない関係の自由さに私はハマり、他にも数名セフレを作って仕事のストレスを発散しまくった。
しばらく彼氏がいない同僚にセフレの作り方を教えたところ、その同僚もみるみるうちにイキイキしてきて2人で笑いあった。
男だけじゃなく、女にもセフレは絶対必要!ただ、避妊と性病対策だけはしっかりしようねと今も言い合っている。

40歳専業主婦のセフレ体験談

私は40歳の主婦ですが、主人の転勤で知らぬ地に引越してきて、近所に友人もいません。子供にも恵まれず、日中はいつもテレビを見たり、たまに少し離れた所にあるショッピングモールに出かけたりする程度で、寂しい毎日を送っています。
主人が帰宅しても、食事を摂りながら話しをしても、仕事が忙しい主人はすぐに書斎に入って仕事をする事が多く、いつも置いてきぼりです。しかも、最近では夜の営みも殆どありません。
主人は優しく、浮気をする事もなく、パチンコなどもせず、真面目で、私は今も信頼し、愛してもいます。
しかし、女ざかりの私にとって、抱かれる事の無い日々は寂しすぎます。主人を裏切る事になりますが、割り切った付き合いで、性欲を満たしてくれるセフレが居れば寂しさも紛らわす事ができると思い、ネットでセフレを募集して見ようと思いました。
ネットの出会い系に登録する事が、もう秘め事の始まりの気がして、どきどきしながら、登録しました。夫婦生活を壊すつもりは全くなく、割り切った身体の付き合いのみができるように、はっきりとセフレを希望している事を書きました。
こんなおばさんにアプローチがあるだろうかと思っていましたが、暫くすると、35歳の独身男性と実際に会う約束をする事ができました。
待ち合わせのシティーホテルのロビーに現れた男性は、細身でしなるような身体をし、主人のように中年太りの身体とは大きな違いでした。
お互いに、気に入り、ラブホに移動して初めてのエッチをしました。思い描いていたように、しなるような身体で、私を攻め立ててくれ、主人との淡白なセックスでは感じた事の無い快楽を得る事ができました。
余りの良さに何度もねだってしまいました。自分でも、こんなにセックスに貪欲になった事は驚きでした。この男性なら、セフレとして私の寂しさを埋めてくれ、長く付き合えそうだと思いました。

君だけを愛してる