26歳独身OLのセフレ体験談

仕事が楽しすぎてしばらく彼氏を作ることすらなく数年。
とても充実しているが、時々ふと「人肌に触れてないなぁ…」と思うことがある。
大抵は忙しさに紛れてそのままになってしまうけど、さすがに秋や冬になると人恋しくなる。
でも、仕事が楽しいし正直終わる時間も見えないから、「彼氏」という付き合いはめんどくさい。
都合のいい時だけ会って、その場だけ楽しく欲望を満たしてくれればそれでいい。
手っ取り早く快楽を得られれば、心の結びつきは逆にめんどくさい。
そう考えて早速セフレ募集をしてみることにした。

仕事柄パソコンを使うことには慣れているので、インターネットでセフレとの出会いサイトを検索。
様々な出会い系サイトが出てきた。
女性はほとんどが無料で、しかも直接メールを教える必要もないらしい。
しかしサイトにも色々あって、完全に「セフレ募集」というところから、「メル友募集」や「恋人募集」、「結婚相手募集」などタイプは色々だった。
こんなところで恋人なんか見つかるのかな…と思いつつ、そういうやり取りは面倒なので「セフレ専用サイト」をいくつかピックアップして登録した。
セフレの作り方は恋人を作るより数段簡単で、後腐れがなさそうなのがとてもよかった。

参考にしたのは、セフレ募集【詳しいサイト比較と失敗しないセフレの作り方】というサイトで調べた方法。

条件に合う人を数名選び、年齢や住んでる地域などを聞き絞り込む。
セフレとは言え顔も重要なので、相手からの写メは必ず確認することにした。
その中のとあるセフレとの出会いが、私の生活に潤いをもたらした。
顔もわりと好みで、落ち着いた物腰の知的な印象の彼とはすぐに意気投合し、何度かやり取りをした後会うことになった。

はじめから目的を伝え合っていたので話が早く、お茶を飲んで顔合わせをした後に「じゃ、いきましょうか」と2人ですぐにホテルへ。
事前のメールで好みのプレイや体位、シチュエーションを話していたので、お互いの欲望を素直に満たしあった。
久しぶりに感じる人肌が気持ちよく、相手が好きな人でもなんでもない安心感から私は乱れた。
久しぶりに何度も達し、仕事の疲れもストレスも全て吹き飛ぶ最高の時間だった。

この人をセフレにして本当によかった。
相手も満足してくれたようで、また会うことを約束して別れた。
後腐れがない関係の自由さに私はハマり、他にも数名セフレを作って仕事のストレスを発散しまくった。
しばらく彼氏がいない同僚にセフレの作り方を教えたところ、その同僚もみるみるうちにイキイキしてきて2人で笑いあった。
男だけじゃなく、女にもセフレは絶対必要!ただ、避妊と性病対策だけはしっかりしようねと今も言い合っている。